不思議な話

自分を苦しめる原因は思考によるもの

 

皆さん、こんにちは。

本日は、「自分を苦しめる原因は思考によるもの」というテーマで書いています。

合わせてこちらも読んで頂ければ、幸いです。

俯瞰して観ることの大切さ

 

皆さんは、自分の思考に気づいているでしょうか?

思考を別の言い方にすると「考え、思いを巡らせる行動」とも言えます。

>>>参照 ウィキペディア「思考」

思考は自然に出てきますし、気づいたら頭が思考だらけになっている時が誰にでもあります。

ここでお伝えしたいのが、「思考は真実ではない」ということ。

思考は、エゴ(自我)を存続させたいが故に出てくる目に見えないエネルギーといえます。

そうなんです、エゴ(自我)を存続させたいんです。

エゴ(自我)は簡単にいうと、「かまってちゃん」なんです。

「かまって、かまって」と出てくる、エケチャンです。

エケチャンが笑っているのか、泣いているのか、まずそれに気づくとエケチャンは安心します。

つまりエゴ(自我)に気づく、思考に気づくということ

ではなぜ、思考に気づかないといけないのでしょうか?

それは、「思考は起こってもいないことも考えるから」です。

マイナスという言葉をあまり使いたくなかったので、こういった言い方になりました('ω')

マイナス思考とありますよね?あれです。

マイナス思考で思考でいっぱいになる前に思考に気づくことが大切です。

 

思考が現実化する

 

思考は現実化する」という言葉は有名ですよね。

なんか嫌な気分がする…」こんな気分が続く時、たいてい人間関係なんかで嫌なことが起こりませんか?

原理としては、マイナス思考の波長が現実化し、マイナスの現実を現わしている。

本当のことを言うと、マイナスもプラスもないんですが…。

伝えたいのは、思考に気づくことで波長を変えることができる。

起こる現象が変わっていくように見えてくる。

外側の現象自分に影響を与えているのではなく、「自分の波長を通して現象を見ているだけ」。

自分と思っているもの(自我)も、本来は波動(エネルギー)です。

思考も波動(エネルギー)なので、思考に影響されるのは当然のことです。

なので、思考に気づくことが大切です。

ただ、思考を無理やりプラスに持っていこうとするのではなく、「思考に気づくこと」。

思考に気づくと、エケチャンは泣き止み、静かになる瞬間があります。

私は、これを「悟り」だと思っています。

人間の欲求は限りなく、「あれも欲しい」、「あの人と比べてどうだ」こんな風に頭を悩ませます。

こう考えているのも、全ては自分の思考なのです。

 

 

-不思議な話